簡単記憶術

簡単(かんたん)記憶術なら川村明宏のジニアス記憶術!

簡単 暗記術



暗記という言葉の意味を知っていますか?

言葉はよく受験生やテストのときなど勉強するときなどに耳にすると思います。
暗記という言葉は暗唱し記憶するという意味で記憶法の一種です。
一般に様々な意味で用いられますが、暗記という言葉の用法を大まかに分類すると、理解の伴う記憶とほぼ同じ意味を表す場合、サヴァン症候群のように理解の伴わない記憶を表す場合(丸暗記)の2通りあります。
暗記をする方法(暗記術・暗記法)としても2通りあり、これから説明したいと思います。
まず、簡単暗記法は一般に起床後すぐの頭があまり働いていない状況で行うのがもっとも効果的といわれています。
以外ですよね。私なんかは朝は寝ぼけていて逆に暗記するのには適していないように思っていたので、夜に暗記することが多かったです。
そして、この簡単暗記術にはカードなどによる暗記法と語呂合わせによる暗記法があります。
カードによる暗記法には、よく使われるものが英単語の暗記などで、カードの表と裏にスペルの意味を別々に書いて記憶するという方法です。
これは、よくテスト勉強や受験の時に一度はやったことがある人が多いと思います。
語呂合わせによる暗記法では、語呂合わせは数字を記憶するために使われることが多いです。
例えば、年号などの暗記によく使われています。
これを聞くと、納得しますよね。

よく社会の歴史の勉強のときに語呂合わせをして年号を覚えましたよね。
そして、このような簡単暗記術を有効に生かすには、やはり繰り返し覚えることが大事です。
ただ、やるだけではだめで、例えば単語カードで暗記するためには1回やるだけではもちろんだめです。
そして、短時間に何回もやるよりも、長期間に分けてやった方が効果的なのです。
考えることで、脳は強くインプットされます。
なので、1時間に100回カードを見ても、次の日に覚えていられる可能性は非常に低いのです。
それならば、朝1〜3回(時間があれば昼も1〜3回)夜1〜3回!!
これを3日間続けます。
こちらの方法の方が暗記できている確立が高いのは確かです。

簡単暗記法としてはその初回以降思い出そうと考えることで、暗記の定着度が格段にアップするので、繰り返し覚え、脳も忘れることなく思い出されていくわけです。
つまり、カードの表を見て、すぐ裏を見てはいけないのです。
思い出そうと少し考えることが大切なのです。
もちろんそれで結局わからなくてもいいのです。
その行為をすることで、効果が期待され、簡単暗記術が出来てくるのです。
このコツさえ、理解できれば、簡単暗記術を自分のものに出来ると思います。
人が何かを記憶したい、暗記したいと思うとき、初めがとても大切です。
その覚えたいものを初めに目にしたときの印象や集中力!!
まずは暗記したいものを好きになることです。
そうすることで、集中力も生まれ、脳も活性化され、簡単暗記法で暗記する能力もスムーズにいくと思います。
好きになることからだったらすぐ出来そうですね。
まずはそこからはじめてみませんか?